今週より受難の期節始まる


 教会の暦では、復活日の主日からさかのぼって主日を除いた40日間を四旬節(レント)としてキリストの受難を想い起こす時を過ごします。その始まりの日は「灰の水曜日」と呼ばれ、3/1がそれに当たります。受難週の始まりの日は4/9、復活日(イースター)は4/16になります。覚えて過ごしましょう。

2017年02月26日